トム・クルーズ主演のSF映画『オブリビオン』 - こう観やがってます
08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

ブログは引っ越したかもしれないよ


引っ越し先はこちら

最近の記事

トム・クルーズ主演のSF映画『オブリビオン』 

ちょっと退屈な部分もありますが、SFとしての設定はかなりしっかりとしています。
見返すと面白いタイプの映画ですね。


以下ネタバレあり。


オブリビオン [Blu-ray]



<スタッフ>
監督 ジョセフ・コシンスキー

<キャスト>
トム・クルーズ
オルガ・キュリレンコ
アンドレア・ライズボロー
モーガン・フリーマン
メリッサ・レオ
ニコライ・コスター=ワルドー など




映画『オブリビオン』 レビュー


ジョセフ・コシンスキー監督による2013年のアメリカ合衆国のSFスリラー映画(Wikiより
現代もOblivion




世界設定


SFらしい未来設定。
とはいえかなり簡素な要素が目立つ。
地球が荒廃しているというのもその理由の1つだろう。

製作者は意図的にそういった空気を作っているらしく(コメンタリーより)、ある程度世界観を認識した後見返すと成る程と思わせる部分もある。



テット(主人公)の敵


おそらくストーリー的に一番面白いのはテットの立ち位置を知る場面だと思う。
敵が異星人と思っていたテットが真実を知るシーンはミステリー的な空気がある。

あとクローンという設定も上手い。
クローンだからこそ利用できる騙せる要素があって、そこをちゃんと使っていた。


総評


序盤は盛り上がりに欠けたけど、見終わってみると序盤の空気が良く感じる。
なぜああいうシーンを見せたのか、思い返してみるとしっくり来るのだ。
逆に言うとSF好きでないと見辛い映画だと思う。SFスリラーだが、スリラー要素は正直薄い。

モーガン・フリーマンの役どころは最終的にはちょっと意外だった。
序盤は如何にもなモーガン・フリーマンだったけどね。
登場時はいつもの知的キャラで、終盤ちょっと熱かった。そこがめずらしい。
まあ立ち位置的には主人公のフォローしているわけだから、いつも通りといえばそうなんだけど。

最初にも書いたがSFが好きな人向けの映画だった。突き詰めていくと難解な部分もある。
トム・クルーズらしい要素もあるけど、それより世界観を楽しんで欲しい。




Blu-rayで観ましたが、映像特典があって良かったです。
SFは映像特典が有る方がいいですね。




Category: 映画

Tag: オブリビオン  映画  トム・クルーズ  モーガン・フリーマン 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/5466-407a8313
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)