城下町のダンデライオン 第3話「人気者になりたいの・初めてのおつかい・アイドル活動」 - こう観やがってます
09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

最近の記事

城下町のダンデライオン 第3話「人気者になりたいの・初めてのおつかい・アイドル活動」 

光、輝、栞のターン。
なんていうか全体的に幼い。
茜も幼くなります。


以下ネタバレあり。


城下町のダンデライオン vol.1 (初回限定盤)(イベント優先抽選申込券付) [Blu-ray]
城下町のダンデライオン 1巻 (まんがタイムKRコミックス)



<スタッフ>
原作:春日 歩(芳文社「まんがタイムきららミラク」連載)
監督:秋田谷典昭


<キャスト>
櫻田 茜/重力制御(グラビティコア):花澤香菜
櫻田 葵/完全学習(インビジブルワーク):絶対尊守(アブソリュートオーダー):茅野愛衣
櫻田 修/瞬間移動(トランスポーター):木村良平
櫻田 奏/物質生成(ヘブンズゲート):石原夏織
櫻田 遥/確率予知(ロッツオブネクスト):村瀬歩
櫻田 岬/感情分裂(オールフォーワン):松井恵理子
櫻田 光/生命操作(ゴッドハンド):小倉唯
櫻田 輝/怪力超人(リミットオーバー):勝田詩織
櫻田 栞/物体会話(ソウルメイト):鈴木愛奈
櫻田総一郎:松本 大
櫻田五月:ゆきのさつき
佐藤 花:相坂優歌





城下町のダンデライオン 第3話「人気者になりたいの・初めてのおつかい・アイドル活動」 感想(アニメ)

櫻田光はどこか抜けているところがあるけれど元気で明るく、クラスみんなのアイドル的存在。
選挙に勝つため、日々奮闘中…ではなく、興味が引かれたことにまっしぐら!上のきょうだい達をハラハラさせたり、協力してもらったり…。
『今日も楽しくいってみよう!』





カメラノマエナンテトオラナイヨ


ざーさん……もとい茜は安定のお買い物。
今回は光が付いてくれます。アイドル思考だからね!
ある意味茜との相性はわるい(茜はカメラが苦手なため

にゃんこはここで出会うんですね。
先に5、6話を見たので変な気分だ。


おつかい


怪力の輝、しっかり者の栞のターン。
栞が分かってるって感じで聡い場面が多かった。
兄を立てる妹の鏡である。

とはいえ、案外輝への依存度も高い気がした。


総評


今頃3話感想。
ニコニコで投稿されたので、それ見ながら書いてます。
3本立てで、全部幼かった。

光の能力シーンが結構多かったの特徴。
原作を上手く使ってますね。
光のアイドルシーンはちゃんとアイドルしていて魔法少女ものに近い空気があった。

ただ何というか、少しの成長で茜より夢のあるバストになるというのは可哀想な気もするな。
まあ茜にもまだ夢はあるさ。
その気に慣れば20歳ぐらいにも成長出来るわけだし、試すのも有りかもしれない。……夢が潰える可能性もあるけどな!

成長した光が、茜のブラを借りようとして止めるシーンは泣ける。




にほんブログ村 アニメブログへ 
ランキング参加中! クリックで喜ぶかもしれないよ?



Category: 2015年7月 城下町のダンデライオン

Thread: アニメ・感想

Janre: アニメ・コミック

Tag: 城下町のダンデライオン  第3話  アニメ  感想       
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/5450-03afedca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)