週刊少年ジャンプ37・38号 感想 2/2 2号連続カラー第二弾『ブラッククローバー』 - こう観やがってます
09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

最近の記事

週刊少年ジャンプ37・38号 感想 2/2 2号連続カラー第二弾『ブラッククローバー』 

SFチックな能力が出てきましたね。
2巻は8/4に発売しています。

今週は『ワールドトリガー』が驚き。
あんなに頑張ってたのに。
まさかこのタイミングやられるとは。


2/2はベストブルー ブラッククローバー 銀魂 カガミガミ トリコ ワールドトリガー デビリーマン レディ・ジャスティスの感想


ブラッククローバー 2 など



週刊少年ジャンプ37・38号 感想 2/2


1/2はこちら




ベストブルー


尾永くんの存在感の無さ!

競馬に例えた流れは良かったですね。
前半のリードがひっくり返る事への違和感が減る。


ブラッククローバー


索敵能力は凄いって言うか、プライバシー的な理由でヒドい。
主犯はとりあえず1人だが、悪い組織の1人とかそんな感じだろう。……どうでもいいけどちょっと中二入ってるよね?


銀魂


またではないチンだ。
敵の敵は味方という感じで、ボス前の流れとしては面白い。
神威は高杉守って死にそうな感じ。

しかし宇宙だと声の大きい人に期待したくなりますね。


カガミガミ


少しずつ面白くなってきた。
能力にはやっぱり個性が必要よね。近接、中距離、遠距離、パワータイプ、スピードタイプ、テクニカル、そういう説明シーンの方が割りと好き。
いろんなキャラが出てくると戦術が大切になるしね。

皇が負けるのはしょうがない感じかな。ベタになろうともしょうがない。


トリコ


ユダの過去話はありきたりだけど割りと好き。
才能がある故の欠点も上手く話に組み込まれていましたね。
まあ勝負自体は料理対決なのこれ? って感じだけど。

多分次号で料理対決になるでしょう。
ユダが勝って、締めに敵がユダのフルコースを食べてみたい的なことを言うのだろう。


ワールドトリガー


ぐぬぬ、東さんめ。
非常に非情でリアルな展開。
修の訓練は確かに付け焼き刃だったかもしれないが、まさか序盤でやられるとは。

アステロイドの使い方上手かったのにねー。
結局ソロではダメージを与えられなかった。
玉狛ピンチだが、修が指示を出す流れになればまだ……。


デビリーマン


テコ入れみたいな新展開。
すでにテコ入れした状態が今だと思うんだが。


レディ・ジャスティス


パンツじゃないから恥ずかしく……え?
SOX団なら歓迎されそうな格好なんだけどな。




にほんブログ村 漫画ブログへ 
ランキング参加中! クリックで管理人が喜ぶかもしれないよ。



Category: 週刊少年ジャンプ

Thread: 週刊少年ジャンプ全般

Janre: アニメ・コミック

Tag: 週刊少年ジャンプ37・38号  感想  ベストブルー  ブラッククローバー  銀魂  カガミガミ  トリコ  ワールドトリガー  デビリーマン  レディ・ジャスティス 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/5447-525f85c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)