ワールドトリガー 第41話「生意気な新人」 修の策が光った第2戦 - こう観やがってます
07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

最近の記事

ワールドトリガー 第41話「生意気な新人」 修の策が光った第2戦 

vs荒船隊、諏訪隊決着。
遊真の動きがかなり読まれていましたが、グラスホッパーを上手く活用しましたね。
尺稼ぎが多かったけど、諏訪の近距離戦や修の戦術など見どころは多かった。


以下ネタバレあり。




<原作>
葦原大介

<キャスト>
空閑遊真:村中和
三雲修:梶裕貴
雨取千佳:田村奈央
迅悠一:中村悠一
レプリカ:田中秀幸
木崎レイジ:前野智昭
小南桐絵:釘宮理恵
烏丸京介:福山潤  その他





ワールドトリガー 第41話「生意気な新人」 感想(アニメ)


内容:荒船さんがそれっぽいことをし始めた




グラスホッパー


緑川がよく使ってるやつですね。
中空に板のようなものを生成し、足場にする。
跳ねる特性もあるらしく、機動力アップに使えるのが魅力だ。

とはいえ普通は1日で使いこなせるものじゃあないでしょう。
ましてフェイントに使うなど、センスがいるよ、センスが


荒船の弧月


何気にマスタークラス。8000ポイント以上は普通にすごい。
ただ東さんの「それっぽいこと」発言が褒めているのかバカにしているのか際どいラインだったw
まあ感心したんだろう、多分。


その他


今回も玉狛第二の大勝利。
しかしポイント差ほどラクはしていない感じ。
遊真の動きも読まれてましたしね。


修の良さは東さん、そして荒船や穂苅などが説明。
ウザがられるのは良いことですね。
原作の方がウザい空気感があった気はしますが。

穂苅の判断がなかなか面白かった。
笹森に落とされることを予想して、あえて遊真を狙う。
さすが倒置法スナイパー。


決着は付きましたが、試合後の解説が次回あるはず。
この作品の解説ってわりと好き。




にほんブログ村 アニメブログへ 
ランキング参加中! クリックで喜ぶかもしれないよ?



Category: 2014年10月 ワールドトリガー

Thread: ワールドトリガー

Janre: アニメ・コミック

Tag: ワールドトリガー  村中和  梶裕貴  田村奈央  中村悠一  田中秀幸  前野智昭  釘宮理恵  福山潤 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/5442-54642cf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)