週刊少年ジャンプ35号 その1 『僕のヒーローアカデミア』1周年突破! - こう観やがってます
07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

最近の記事

週刊少年ジャンプ35号 その1 『僕のヒーローアカデミア』1周年突破! 

誰だ、巻頭カラーで「ウェ~~い」してるのは。
お茶子さんのむっちりさはカラーの方が映えますね。

金未来杯No.2は『DEADMAN_KILLER』
面白さ的にはNo.1の『少女復旧_リカバリーQ』の方が良かったかもね。





以下ネタバレあり。




週刊少年ジャンプ35号 感想 その1(その2はこちら

ワンピースは休載。最近ほんと多いな。
HUNTER×HUNTERは……まあいいや。休載が多いとか、そういうレベルをとっくに超えてる。ピッコロさん風に言うなら次元が違う。





・僕のヒーローアカデミア
いい見開き巻頭カラー。何がいいってお気に入りキャラがどこにいるか探せることですね。人気投票は投票はしないけど結果は楽しみ。

さあ内容の方は、デクがステインを発見してしまい、予想通りステインに認められてしまった。
轟がヒーローの如く登場するが(研修先を親父のところにしたっぽい?)、この流れは轟の方が強いと認めつつも、デクの方がヒーローらしいとする感じだろう。
ステインのヒーロー基準はオールマイトやグラントリノに似ている。



・暗殺教室
抱きつき……もとい肩固めでフィニッシュ。
コトが終わったあと呼び捨てで呼び合うなど、ラブコメ的な空気だこれ。
ヘッドロックのシーンもイチャついているように見えるから困る。ホントかウソかカルマは手加減していたらしいです。



・背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~
ターニャの蔑むような目w
実際は心配しているのかもしれないけど、嗜虐的な目に見えなくもないよね。

つっちーは力量はともかく、パートナーとしては素晴らしい行動を取りましたね。
地味にタイトル回収。



・DEADMAN_KILLER(金未来杯No.2)
No.1の作品の影響なのか、随分と前に載ってますね。

ちょっと読みづらい空気があったけど、読み始めると何とかいける。
でも読切だと込み入った設定がちょっと邪魔かもね。バックボーンはしっかりしている感じはした。
でも連載しても全てを出しきれず切られそう。重い話だと、軽い要素が多分に必要だと思ってる。

ウェルツのようなキャラが締めるのはめずらしい。意図的にズラしたのかもしれないが、そうであっても大晴にも見開き技(かっちょいい必殺技)を入れて欲しかった。



・斉木楠雄のΨ難
かなりSF。
長門有希の苦労がよく分かるお話。



・ブラッククローバー
上の方もあんまり変わりませんな。
出身ネタは飽きてきたので、もっと魔法帝に近いノリの人が欲しい。



・食戟のソーマ
親父は最強!
という夢を持つ子供っぽさが良かった。実際作中では最強かもしれんけど。
そういやアニメでは丁度親父と戦っていましたね。

展開的には料理の見た目が人を呼んで、人が人を呼ぶ感じかな。
賑わっているところをどうやって見せるかが勝敗の鍵になりそう。まあさすがに勝てないと思うけど。
ただ序盤の赤字がなかったら勝ててた……みたいな話にはなるかも。



・銀魂
ここから始まるそうです。
いい話の雰囲気だけど、実際そうでも無い気もする。
真選組がいない状態で日常編に突入するのもあれだし、時間を飛ばして新たな展開に突入して欲しいところ。




にほんブログ村 漫画ブログへ 
ランキング参加中! クリックで管理人が喜ぶかもしれないよ。



Category: 週刊少年ジャンプ

Thread: 週刊少年ジャンプ全般

Janre: アニメ・コミック

Tag: 週刊少年ジャンプ35号  感想  僕のヒーローアカデミア  暗殺教室  背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~  DEADMAN_KILLER  斉木楠雄のΨ難  ブラッククローバー  食戟のソーマ  銀魂 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/5403-cfcedbd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)