黒子のバスケ EXTRA_GAME 第23話(73)「諦めませんか」 赤司の異変ともうひとりの赤司 - こう観やがってます
09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

最近の記事

黒子のバスケ EXTRA_GAME 第23話(73)「諦めませんか」 赤司の異変ともうひとりの赤司 

ショタ赤司が目立った回。
あとメンタルとかね。ゆうクリニックへ行こう。
黒子は全体的に『キセキの世代』に強いですね。




以下ネタバレあり。




<スタッフ>
原作:藤巻忠俊
監督:多田俊介
アニメーション制作:プロダクションI.G


<キャスト>
黒子テツヤ:小野賢章
火神大我:小野友樹
相田リコ:斎藤千和

黄瀬涼太:木村良平
緑間真太郎:小野大輔
青峰大輝:諏訪部順一
桃井さつき:折笠富美子
紫原敦:鈴村健一
氷室辰也:谷山紀章

赤司征十郎:神谷浩史





黒子のバスケ EXTRA_GAME 第23話(73)「諦めませんか」 感想(アニメ)

最強の弱点は最弱。
これテストに出るからな。




■ゾーン×赤司
エンペラーアイの効果もあって、もはや無理ゲー。
しかしそういう時に頼れるのが黒子である。ほんと強いのか弱いのかよく分からない生物だ。
ハッキリと言えるのはチームの勝ちを意識しているのは黒子であるということ。こっちの赤司は自分の勝利しか考えてないからね。下手するとチームの勝利も自分の勝利と思ってそう。



■んん?
赤司を突破したのは火神と黒子のタッグ。
これがやけに良い感じに描かれていた。黒子の火神への信頼が赤司を突破した――そういう流れだ。
だが考えても見て欲しい。黒子の動きというのは『どうせ火神くんは赤司くんに抜かれますよね』――という信頼だったんじゃなかろうか。
火神はどうせ抜かれるから、僕はその逆いきまーす的なノリに感じた。おそらく管理人の心がゆがんでいるのだろう。そう信じたい。



■総評
みんなにやさしいせかい。

『キセキの世代』のメンバーも赤司が負けた時に赤司の心配をしていた気がする。
負けない赤司が負けた時にどうなるのか薄々気付いていたのかもね。
ある意味では赤司が一番もろく弱いのだ。

そうはいっても無冠の五将を1人で相手にしたぐらいには強いので、彼を負かすのは大変な作業だった。
暗殺教室で勝たないと言葉が相手に届かない――みたいな話があったが、それに似ているかもしれない。
赤司は黒子に負けて良かったのだろう。




ランキング参加中!
にほんブログ村 アニメブログへ 



Category: 2015年1月 黒子のバスケ(三期)

Thread: 黒子のバスケ

Janre: アニメ・コミック

Tag: 黒子のバスケ  EXTRA_GAME  感想  アニメ  小野賢章  小野大輔  斎藤千和 
tb 2 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/5304-e2b58032
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

黒子のバスケ BS11(6/16)#73

第73Q 諦めませんか 赤司がゾーンに入ると一人で攻撃する。お前たちの敗北は絶対だ。チームメイトでさえも期待しない赤司は一人でゾーンを守備する。相手からボールをスティールしてシュートして得点する。チームメイトにも3ポイントだけを警戒しろ、出来なければ 俺が全て対応する。お前たちでも、それくらいなら対応できるだろう。 エンペラーアイを持つ赤司は誰も止められない。火神も2つ目の扉を開けられずに焦...

ぬる~くまったりと | 2015/06/17 13:59

黒子のバスケ #73「諦めませんか」 感想

一人で戦うんじゃない。 オレ達は力を合わせて戦うんだ! 「諦めませんか」 あらすじは公式からです。 チームメイトを見限った赤司は、自らの力でゾーンに入り、オフェンスだけでなく ディフェンスまでも一人でこなし始めた。 その圧倒的な強さに対抗しようと焦るあまり思うように動けない火神に、黒子は ふたりで赤司と戦うことを提案する。 その言葉の通り、火神の動きを...

おぼろ二次元日記2 | 2015/06/17 17:53