黒子のバスケ EXTRA_GAME 第20話「覚悟の重さ」(70話) 黛vs黒子再び - こう観やがってます
07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

最近の記事

黒子のバスケ EXTRA_GAME 第20話「覚悟の重さ」(70話) 黛vs黒子再び 

個人勝負では勝てない黒子だが……?
黛さん、早々に株が下がりましたね。
まあ元々一度辞めた人ではありますが。




以下ネタバレあり。



<スタッフ>
原作:藤巻忠俊
監督:多田俊介
アニメーション制作:プロダクションI.G


<キャスト>
黒子テツヤ:小野賢章
火神大我:小野友樹
相田リコ:斎藤千和

黄瀬涼太:木村良平
緑間真太郎:小野大輔
青峰大輝:諏訪部順一
桃井さつき:折笠富美子
紫原敦:鈴村健一
氷室辰也:谷山紀章

赤司征十郎:神谷浩史





黒子のバスケ EXTRA_GAME 第20話「覚悟の重さ」(70話) 感想(アニメ)

説明キャラが豊富!




■日向4つめ
これは魚住w
日向がすげえマヌケに見えるが、ほんとにわるいのは審判っぽい気もする。
だから審判の影響力が強い競技はダメなのよ。

当然下げられたけど、再登場はあるでしょう。
それまでにレオ姉攻略をしなくてはね。



■黒子再投入
出たり入ったり忙しい。
この試合何度目だ。

相変わらず目立っているが、黛がより目立ったことで、残念な結果に(黛にとって残念という意味
これ赤司の責任っぽいんだけどな。
黒子の策に気付いてなかったっしょ?



■総評
日向がベンチへ、黒子復活などいろいろありましたが、あえてここは黛に焦点を当てたい。
赤司が黛を使い続ける理由が、敗因のひとつになりそうだ。
もちろん黛の覚悟の無さが招いたことではあるが、その後の対応で『使い捨て』を選択した赤司の行動はおそらくミス。

火神が再度ゾーンに入ったので、逆転への流れが整った感もありますね。
黒子が起爆剤で火神が勢いに乗るというのは勝ちパティーン。




にほんブログ村 アニメブログへ 
ランキング参加中!





Category: 2015年1月 黒子のバスケ(三期)

Thread: 黒子のバスケ

Janre: アニメ・コミック

Tag: 黒子のバスケ  EXTRA_GAME  感想  アニメ  小野賢章  小野大輔  斎藤千和 
tb 3 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/5257-1f97603e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

黒子のバスケ BS11(5/26)#70

第70Q 覚悟の重さ 第3Qが始まり気合を入れてやる気満々の誠凛。まずは日向の3Pシュートが決まって62-40。赤司のやり方は1%の可能性も許さない。全ての武器、槍を悉く潰す。 実渕が地で日向に反則を演出する。今のは当たっていないと審判にクレームを付ける日向。テクニカルファールのおまけ付きで4ファール目となる。次のファールで退場だけに、出場させられない。小金井と交代する。火神が最後の希望、赤...

ぬる~くまったりと | 2015/05/27 11:34

黒子のバスケ 第3期 #20 第70Q「覚悟の重さ」

第70Q「覚悟の重さ」 JUGEMテーマ:漫画/アニメ

Happy☆Lucky | 2015/05/27 22:25

黒子のバスケ #70「覚悟の重さ」 感想

6人目としての経験と覚悟の違い。 黒子の反撃が始まる! 「覚悟の重さ」 あらすじは公式からです。 誠凛VS洛山戦は第3Qに突入。誠凛は諦めることなく、スコアラーの日向と 火神に希望を託す。 しかしわずかな希望すらも赤司は摘み取ろうとしていた。その矛先は日向に。 攻める気持ちを逆手に取るような実渕のシュート「地」の罠にかかりファウルを 取られた日向は...

おぼろ二次元日記2 | 2015/05/27 23:15