アニメで分かる心療内科 第9話「フェティシズムの治療法は?」 感想 意外と甘いフェチの世界 - こう観やがってます
07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

最近の記事

アニメで分かる心療内科 第9話「フェティシズムの治療法は?」 感想 意外と甘いフェチの世界 

病気と定義すると、大抵甘くなるな。
あとマイノリティ否定にもちょっと思える。


以下ネタバレあり。



■スタッフ
原作:ゆうきゆう
作画:ソウ

監督:小倉宏文
制作:For All
撮影:オフィスデルタドットプラス
編集:岡安プロモーション


■キャラクター
心内療:三木眞一郎
官越あすな:遠藤ゆりか
官越いやし:日笠陽子
官越ひめる:内田真礼
官越好蔵(おじいちゃん):緒方賢一




アニメで分かる心療内科 第9話「フェティシズムの治療法は?」 感想(アニメ)

一般的に使われるフェチとは、精神医学では“フェティシズム”と言います。その中に分類される下着フェチ。これが病気と判断される基準とは!?




■チャイナ違い
そこはチュンリーでええんちゃう?
どうでもいいが、チャイナドレスって結構そそるアイテムだと思ってる。

『6ヶ月』が地味に凄い定義だと思った。
要は慢性的な症状でないとフェチでないらしい。



■総評
定義として要約すると『6ヶ月以上生物以外にハマった人』ということですな。
フェチという一般化された用語だが、よくよく考えてみると日本人の言語レベルが低いために一般化されてしまった気もした。
本来気軽に使って良い言葉ではないんだな。

完治しないというオチはなかなか秀逸だった。
下着ドロ、靴ドロで捕まった人は、社会復帰してもまっとうに生きていくのは難しいかもしれない。




ランキング参加中!
にほんブログ村 アニメブログへ 



Category: 2015年2月 アニメで分かる心療内科

Thread: アニメ

Janre: アニメ・コミック

Tag: アニメで分かる心療内科  第9話  フェティシズムの治療法は?  三木眞一郎  内田真礼  遠藤えりか  日笠陽子  アニメ 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/5151-7ff06b2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)