映画『ラストミッション』 レビュー - こう観やがってます
06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

ブログは引っ越したかもしれないよ


引っ越し先はこちら

最近の記事

映画『ラストミッション』 レビュー 

ケビン・コスナー主演のスリラー映画。
……のはずだけど、感覚的にはコメディ&アクションって感じ。
なんていうか、ものすごく惜しい映画。


以下ネタバレあり。

ラストミッション Blu-rayラストミッション Blu-ray
(2014/11/19)
ケヴィン・コスナー、アンバー・ハード 他

商品詳細を見る


映画『ラストミッション』 レビュー

2014年の映画。レンタル可能。




■危機感のあるアクションと……ちょっとしたコメディ
緊張とコメディは相性が良いはずなんだけど、軽く外している感じ。
娘に戸惑う父親は、見ていて悪くはないんだけどね。

とはいえアクション部分だけ切り取ると、結構いい映画かもしれない。



■総評
脚本にリュック・ベッソンが関わってるからちょっと期待してたけど、重いのか軽いのかよく分からない中途半端な映画になってしまったと思う。
ケビン・コスナー演じる主人公の危機的状況をもっと上手く使って欲しかった。
立場的にはロボコップ(リブート版)の主人公に近いはずなのに、娘関係の話の影響で危機感が薄れてしまった。

ただ女暗殺者が最後、失恋に似た空気を出すところは地味に好き。
扇情的な女が、一歩引くシーンはいつの時代でも通じる乙女要素だ。




にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ






Category: 映画

Thread: 映画レビュー

Janre: 映画

Tag: 映画  ラストミッション  レビュー  ケビン・コスナー 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/4980-c8638db8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)