ダイヤのA 第32話「それぞれの夏」 感想 - こう観やがってます
03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

ブログは引っ越したかもしれないよ


引っ越し先はこちら

最近の記事

ダイヤのA 第32話「それぞれの夏」 感想 

市大三高vs藥師決着。
真中は何とか雷市を打ち取ったが……。


続きあります。



ダイヤのA 第32話「それぞれの夏」アニメ)の感想

真中が負傷した時点で勝負ありでしたね。
藥師は雷市だけじゃないし、なにやら秘密兵器もいるらしい。
まあどう考えても秘密兵器はピッチャーですね。


雷市はスイングスピードが異常というか、読みを外しても打っちゃう感じですね。
才能なのか、努力なのか、あるいは野生なのか。
お父さんの借金もこれなら無くなりそうである。




雷市達の会話を聞いていた青道1年生ズは、それを先輩たちに報告(言ったのは春市だが
みんな燃えちゃいましたね。
冷静そうに見えた哲さんですが、一番燃えてました。


そして丹波さんめった打ちである。
一塁ランナーありで、しかもそのランナーが俊足の倉持というシチュがもうね。
打たれた後は1、3塁で、そこで登場したのが哲さん。
結果は見るまでもなく3ラン。



にほんブログ村 アニメブログへ 
クリックで管理人が歓喜。






Category: ダイヤのA(アニメ)

Thread: ダイヤのA

Janre: アニメ・コミック

Tag: ダイヤのA  アニメ 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/4292-93a9e747
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)