<物語>シリーズセカンドシーズン 第26話「恋物語 ひたぎエンド 其ノ陸」(終) - こう観やがってます
06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

ブログは引っ越したかもしれないよ


引っ越し先はこちら

最近の記事

<物語>シリーズセカンドシーズン 第26話「恋物語 ひたぎエンド 其ノ陸」(終) 

切り札を残しておくあたり、一流である。
騙せなくても負けはなかったわけだ。

つーか阿良々木が来る時点で騙せても意味なかったじゃん的な?

恋物語 (講談社BOX)恋物語 (講談社BOX)
(2011/12/21)
西尾 維新

商品詳細を見る


以下<物語>シリーズセカンドシーズン 第26話「恋物語 ひたぎエンド 其ノ陸」(終)の感想

貝木カッコ良かったですね。
今更だけど声もいい。


ただ撫子に殴られたり蹴られたりでしゃべるシーンはどこかシュールでもあった。
ダメージは、アニメだとちょっと伝わりにくかったですね。
ダメージ描写頑張って欲しかったな。


漫画、何気にクオリティ高かったし。
80年代かよって、それ恋物語のアニメですやん。


蛞蝓により、撫子は神から人へ逆戻り。
もったいない気もするが、しかし貝木が言うように暇を持て余しすぎでもあったよね。
遅まきながら、あるいはタイミング良く阿良々木も登場。
彼がいなかったら撫子は貝木が送っていたんだろうか。


手紙の犯人は戦場ヶ原
300万円は手切れ金ではなく、軍資金といったところ。
そして尾行者は、おそらく扇といったところでしょう。
ある意味羽川より上手だったわけだ。
恋物語がセカンドシーズンでは一番面白かったけど、後味は悪かったですね。


ま、最後とはいえ、花物語をやる可能性はありますが。









花物語がないと神原の立場が。




Category: 2013.7 〈物語〉シリーズセカンドシーズン

tb 5 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/3946-a8a73c51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

〈物語〉シリーズ セカンドシーズン #26(最終回) 恋物語 第恋話「ひたぎエンド 其ノ陸」

貝木泥舟の語った阿良々木暦、戦場ヶ原ひたぎ、忍野忍が死んだ、という嘘を千石撫子は

無限回廊幻想記譚 | 2013/12/30 01:41

wendyの旅路 | 2013/12/30 22:55

<物語>シリーズ セカンドシーズン 第26話(終) 『恋物語 ひたぎエンド 其ノ陸』 クローゼットの秘密が明らかに、そして衝撃のラスト。

説得開始。貝木の嘘は最初から見ぬかれていた&hellip;というより撫子ハナから全然信じていなかった。という事で海ヘビならぬヘビの海に飲み込まれそうになる貝木。正直こんな死に方はしたくありませんね。いきなり失敗したかと思ったのですが、ここからが貝木の真骨頂。まるで阿良々木のごとく説得を始めました。 お前、漫画家になりたいのか。言った途端に(゚Д゚)ハァ?ってなりました。どこからそんな話が出て...

こいさんの放送中アニメの感想 | 2013/12/31 09:54

物語シリーズセカンドシーズン 最終回「ひたぎエンド 其ノ陸」

傾物語 第ニ巻/まよいキョンシー(下)(完全生産限定版) [Blu-ray]『分かった、騙されてあげる♪』 原作:西尾維新 キャラクター原案:VOFAN 製作会社:シャフト 監督:新房昭之 阿良々木暦:神谷浩史    羽川 翼:堀江由衣   戦場ヶ原 ひたぎ:斎藤千和 忍野 忍:坂本真綾   八九寺 真宵:加藤英美里   神原 駿河:沢城みゆき 千石 撫子:花澤香菜  ...

明善的な見方 | 2014/01/02 21:15

『〈物語〉シリーズ セカンドシーズン』 第26話<完>の感想と考察

『〈物語〉シリーズ セカンドシーズン』 第26話「恋物語 ひたぎエンド 其ノ陸」を観ました。<ストーリー>貝木の嘘は、なんともあっさりと撫子に看破された。

オレが面白いと思っているアニメやマンガは、本当に面白いのか? |『〈物語〉シリーズ セカンドシーズン』 第26話<完>の感想と考察 | 2014/01/11 15:51