黒子のバスケ 第33Q「誠凛高校バスケ部だ!」 - こう観やがってます
09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

ブログは引っ越したかもしれないよ


引っ越し先はこちら

最近の記事

黒子のバスケ 第33Q「誠凛高校バスケ部だ!」 

日向のツンデレと木吉の負傷。

一度負傷したキャラって、また負傷しちゃいそうだよね。

黒子のバスケ 24 (ジャンプコミックス)黒子のバスケ 24 (ジャンプコミックス)
(2013/10/04)
藤巻 忠俊

商品詳細を見る


以下黒子のバスケ 第33Q「誠凛高校バスケ部だ!」の感想

前回もそうだったけど、結構駆け足だよね。
ペースが早い。


木吉が途中でドリブル、パスを取り入れてましたね。何気に凄いことなんだけど、いまいち凄さが伝わらなかったのが残念。
花宮との因縁は、木吉の膝が主な原因。
その後王者にトリプルスコア(だっけ?)ってことは、当たる順番が違ってたんだな。


しかし花宮の眼力は、使い方によっては良い感じに使えそうなんだがな。
味方だったら木吉はダウンしてなかっただろうに。


気付けば木吉のことを一番わかってるのは日向になってるな。
そこも良し。







これはハイタッチフラグ!




Category: 2013年10月 黒子のバスケ2期

tb 2 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/3922-f22d3897
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

黒子のバスケ TokyoMX(11/19)#32

第32Q あきらめろ 公式サイトから誠凛と秀徳の戦いは、両校死力を尽くした結果引き分けに終わり、黒子と緑間はウインターカップでの再戦を誓う。一方火神は、試合後の控室で話す日向と木吉 の会話を偶然耳にし、衝撃を受ける。ひざの痛みに耐えながら、「今年が最後のチャンス」だという木吉・・・。帰宅中、その言葉の意味を問う火神と黒子に対 し、日向は誠凛高校バスケ部が創られたいきさつを語りはじめる。1年前...

ぬる~くまったりと | 2013/11/24 12:32

黒子のバスケ TokyoMX(11/26)#33

第33Q 誠凛高校バスケ部だ! 公式サイトから全てをふっきり、再びバスケと向き合うことを決めた日向と、屋上での決意表明を見て部員の本気を感じたリコが加わり、誠凛バスケ部はついに本格始動をはじめる。性格はかみ合わないものの、木吉と日向の中外二枚看板で、新設校ながら異例の快進撃を見せる誠凛。あと一つ勝てばインターハイ予選・決勝リーグ進出 という状況で迎えた霧崎第一高校戦。木吉のパスワークで翻弄し...

ぬる~くまったりと | 2013/11/27 09:48