黒子のバスケ 第30話「待ってたぜ」 - こう観やがってます
09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

ブログは引っ越したかもしれないよ


引っ越し先はこちら

最近の記事

黒子のバスケ 第30話「待ってたぜ」 

キセキの世代で慢心してないのはミドチンぐらいだよねぇ。

エースの扱いがちょっと面白い話でもあった。

黒子のバスケ 24 (ジャンプコミックス)黒子のバスケ 24 (ジャンプコミックス)
(2013/10/04)
藤巻 忠俊

商品詳細を見る


以下黒子のバスケ 第30話「待ってたぜ」の感想

黄瀬はアホの子に見えて、わりとちゃんとしてると思うな。


「ちゃんと声出して応援するのよ!」

水戸部どうやって応援すんのって思ったら、登場した。


緑間のパスは、予告通りだけど、破壊力は想像以上ですな。
木吉もいて無理ってのは、なにげに凄いんだが、不思議と青峰や黄瀬の方が目立ってる気はするんだよなぁ。
スリーの威力の強さをもっと強調して欲しいところである。


しかし今週の主人公薄かったなw
プラマイで言うとマイナスだからしゃーないか。







予告良いですね。




Category: 2013年10月 黒子のバスケ2期

tb 1 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/3900-d42e7fa2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

黒子のバスケ 第30Q「待ってたぜ」

黒子のバスケの第30話を見ました。 第30Q 待ってたぜ 「確かに俺とお前は相性が悪いかもしれん。だが舐めるなよ。その程度の付け焼刃の武器を身に着けるほど、俺のシュートは安くない」 第2クォーターに入っても緑間のシュートを火神がブロックするという光景が続いていた。 振り切られまいと粘る火神に対し、勝つために緑間がチームプレイを行い飛躍した秀徳のチームとしての力が誠凛に...

MAGI☆の日記 | 2013/11/03 13:21