憑物語/西尾維新 - こう観やがってます
04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

最近の記事

憑物語/西尾維新 

「頼むからひと思いに――人思いにやってくれ」
 発売前から知られていた台詞ですが、阿良々木の台詞だと思ってました。

 序盤はかなりスローペースな内容でしたが、終盤への布石だったと思うことにしましょう。
 最終的には尾を引くような内容だった。ま、最後の最後で明るい材料もありましたけどね。


憑物語憑物語
(2012/09/27)
西尾 維新

商品詳細を見る

 今回は阿良々木視点だったんだけど、序盤はそんな気がしなかったね。小難しい思考回路をしている地の文だった。この本を読む前に今までのを読み返していたからよりそう感じた。
 言葉に対しての執着が見えたね。それも戯言遣いに近いレベルで。ニュアンス仮説とか強い意志を感じるよなぁ。実際にあると疑っている人間が思い浮かびそうな仮説である。まあ阿良々木からすれば共感覚のようなものなんだろう。



 序盤から危ない阿良々木暦であるが、その危なさが妹とのくんずほぐれずなのだから実にらしい。まさか妹(ちっさい方)とお風呂とはね。
 あ、言い忘れましたがネタバレありますー。
 お前ら自身が都条例に引っかかってしまえと思うと同時に羨ましくもある。これ作者の癖なのか何なのか、阿良々木視点なのに月火の考えていることもわかる仕様なんだよね。だからより羨ましく感じるのである。
 さらに恐ろしいことにこの月火とのやりとりが今回、物語とはほとんど関係ないんだよね。偽物語(つきひフェニックス)での月火とのコミカルパートはまだ月火自身が関与していたが、今回はそれがない。布石ですらないのが恐ろしい。



 個人的に嬉しかったのが影縫さんの再登場。なんでかなー、アニメじゃそんな意識しないんだけど、しなかったんだけど、小説だとかなりくるものがある。暴力陰陽師って肩書きも割りと好きなんだよねー。シンプルっつーか。どんな策にも屈しないイメージ。プラス動じないキャラクター性。
 アニメだとこう声を張り上げたりしてたけど、小説だとたとい切れはしても平静なイメージなんだよね。



 これはシーンとしては一番のお気に入りということになるかな、忍が影縫さんの前で虚勢を張るシーンがあるんだけど(150~152ページ)、マジ見てられないこっちが恥ずかしくなるようなシーンなんだけど、ああいう掛け合いができるのも相手が影縫さんだからかなと思う。天然さんだよ、ある意味。「格好つけなあかんような状況」って言い回しは酷すぎる。
 忍は今回全体的に可愛かったですね。これも主人の影響か。



 物語としては余接との掛け合いが布石になった感じかな。その分最後の衝撃が増した。人が死んだシーンは初めてかもしれないなぁ。
 正弦は彼の前日譚のようなものに期待したい。まあ無いと思うけど。
 扇ちゃんは、ほんとにラスボスかどうかはわからないけど、八九寺について隠していたのに知っているということは明らかになりましたね。




ライトノベル一覧
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ









Category: ライトノベル

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/3331-f7df69a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)