めだかボックス 4 - こう観やがってます
10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

最近の記事

めだかボックス 4 

「僕の心におっ立つ三本柱は友情・努力・勝利じゃない」
「妹・妹・妹だ!」

 理詰めの魔法使い――黒神真黒について語るべきことは実はあんまりない。
 上の台詞で充分である。


めだかボックス 4 (ジャンプコミックス)めだかボックス 4 (ジャンプコミックス)
(2010/04/02)
暁月 あきら

商品詳細を見る


 見た目は長身痩躯って感じで零崎の変態ハサミ使いを連想させる。なにより変態性がそっくりだ。


 今作から本格的にフラスコ計画に首を突っ込み、十三組の十三人と対峙していく。めだかボックスが評価され始めたのがこの辺りからですね。といってもテイストは最初から変わってないと思うんだけどね。
 バトルものになってから人気が出たとも言われてて、特に高千穂などは最初にして最強だったからめだかちゃんもめずらしく苦戦する。後の異能者のせいで霞んじゃうけど彼は常に最強の部類なんだよね。まあ単行本版では『喜界島れぽーと』なるコーナーがあって、そこには弱点が書かれていたりもしますが。
 とはいえ個人的にはバトルものっていう感覚はあんまりなかったりもする。相手には何かしらの謎と、謎が解明されてもそれを攻略する工夫が必要で、その過程というのは感覚的には推理ものに近い。なのでいわゆるバトルものと言われてもピンとこなかったり。まあ最近は種目にこだわらないというか、個人vs個人で競い合うことをバトルものと定義している部分もあるから違和感もあまりなかったりするけど。


 宗像のくだりでは善吉のモノローグがよかったですね。過去の、マイナス相手に傷を負っためだかちゃん。宗像戦でそれを連想したのは正しいし、戦う理由になる。
 このくだりは会話から伝わってくるさりげない人間関係もよいね。変態真黒さんは善吉に期待してるし、阿久根もなんだかんだで善吉を信頼している。キャラクターが確立されてないとこういう会話はなかなか生まれない。少年誌は特にキャラがぶれぶれてること多いし。


 あとは喜界島のん!!」かな。台詞より表情がやばいw




生徒会執行編    1~3巻
十三組の十三人編  3~7巻
球磨川事件編    7~11巻
黒神めだかの後継者編 11巻~




漫画ランキング
shiori_convert_20090729234610.png

王土との会話シーンも読み応えあったんだけどね。ほんとあんなデートプランじゃフラれて当然だよ。



Category: 漫画感想

tb 1 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/3171-774fee25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【めだかボックス 4】

「僕の心におっ立つ三本柱は友情・努力・勝利じゃない」「妹・妹・妹だ!」 理詰めの魔法使い――黒神真黒について語るべきことは実はあんまりない。 上の台詞で充分である。

まとめwoネタ速neo | 2012/06/19 18:21