ラノベ総評2011 - こう観やがってます
05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

最近の記事

ラノベ総評2011 

 大賞。
 次点。
 その他読んだ本をざっくりと。


 今年も西尾維新飛ばしてましたね。生産性が凄過ぎる。


作品クリックで感想記事へ。



<大賞>

恋物語 (講談社BOX)恋物語 (講談社BOX)
(2011/12/21)
西尾 維新

商品詳細を見る


「恋物語/西尾維新」
 一番最近に読んだのでひいき目が入ってるかも?
 いやー貝木がよかったですね。彼のモノローグがこの作品を面白くしたと言っても過言ではない。だってもう沖縄に行ってる時点で面白いもん。戦場ヶ原との掛け合いが意外にも面白いという。
 さらに話も撫子の件だけではなく、それに関連した謎があって、そこも引き込まれた要素の一つ。



<次点>

恥知らずのパープルヘイズ -ジョジョの奇妙な冒険より-恥知らずのパープルヘイズ -ジョジョの奇妙な冒険より-
(2011/09/16)
上遠野 浩平、荒木 飛呂彦 他

商品詳細を見る


「恥知らずのパープルヘイズ -ジョジョの奇妙な冒険より/上遠野浩平」
 原作以上に設定の細かいところが観れて、そこに何の違和感も感じなかった。そこがいい。
 漫画のような引きもよかったですね。面白かった。



<次点>

少女不十分 (講談社ノベルス)少女不十分 (講談社ノベルス)
(2011/09/07)
西尾 維新

商品詳細を見る


「少女不十分/西尾維新」
 賛否別れる作品だと思いますが個人的にはよかったです。
 実写でやって欲しいなって思いましたね。



<その他>
「キノの旅XV/時雨沢恵一」
 いろんな系統の話があるので語れないね。詳しくは感想へ。


「鬼物語」
 忍のターンかと思いきや八九寺だったという罠。
 まあ読んでるうちにそんなのどうでもよくなるんですけどね。謎の要素が強かったです。
 阿良々木の変態性も相変わらずだった。


「花物語」
 シリアス。ミステリー要素あって、初期の西尾維新みたいでしたね。
 このあたりから貝木が面白かった。
 セカンドシーズンでは時系列的に一番新しい。


「囮物語」
 こちらも本筋はシリアス。でもところどころ笑えました。阿良々木兄も問題だが、妹も問題だ。
 オチがあれなんだけど恋物語まで読んだ後だと割と安心して読める。



「JOJO’S BIZARRE ADVENTURE OVER HEAVEN」

 評判よかったみたいですね。感想記事の人気も高かった。
 個人的には物足りなかったかな。これはこれで面白い、みたいな評価しか下せない。



 とまあ今年も西尾維新飛ばしてましたね。生産性が凄過ぎる。めだかボックスもあるのにね。



ライトノベル一覧




ランキング参加中
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ

「傾物語」は去年だったか。時系列がばらばらだから混乱する。



Category: ラノベ総評2011

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/2725-0a4d202d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)