輪るピングドラム 第12話「僕たちを巡る輪」 感想 - こう観やがってます
09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

ブログは引っ越したかもしれないよ


引っ越し先はこちら

最近の記事

輪るピングドラム 第12話「僕たちを巡る輪」 感想 

 テロか。なにがしたかったのかそこは知りたいですね。
 地下鉄とか言われるとあの事件の思い出すけど。あれも何がしたかったんでしょうね。


以下輪るピングドラム 第12話「僕たちを巡る輪」の感想

輪るピングドラム 上輪るピングドラム 上
(2011/07/04)
幾原 邦彦、高橋 慶 他

商品詳細を見る



 テロの善し悪しはさておき。何がしたかったのかって結構重要だと思いますね。弟くん達の両親がただの悪役じゃあつまらないし。むしろテロを止めようとしたテロとかだったらいいんだが。


 ヒマリは再び死。再びって時点で何か緊張感が薄いですが。兄ではなく弟くんがキーになりそうな予感です。持ってる持ってないは意思とは関係ないし。
 いろいろと立て続けに物事が起こって、何がどうなればいいのかよくわかりませんね。リンゴだって弟くんの話を聞いてどう思ったのか、それすら描写されていないし。じっくりと見ないとだなぁ。


 でも暗くなったからかな、ちょっと雰囲気悪いですね。謎を引っ張り過ぎな感じもするし。すっきりした話が見たいです。








ランキング
matsurika_convert_20090729234404.jpg

運命ってミクロで見ると決まってるって感じはしないんだよなぁ。後で観測したらそう見えるんだとは思うけど。



Category: .アニメ【終】 輪るピングドラム

tb 2 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/2470-1955692c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

輪るピングドラム 第12話 「僕たちを巡る輪」

十六年前に起こった事件、それは晶馬たちの両親が起こしたものだった。 地下鉄での毒ガス(?)って よくもあのタブーな事件をモデルにしたものですね(汗) 桃果はその地下鉄に乗り合わせで事件にあい、遅...

SERA@らくblog | 2011/09/30 21:19

輪るピングドラム12話「全ては『運命』と『輪る』につながる。サリン事件・エヴァ・95」(感想)

陽毬が愛おしいから、冠葉は命ですら差し出せる。 大きな運命の歯車に操られた彼ら彼女達の物語は 大きな転換点を迎えそうです。 地下鉄サリン事件・村上春樹などを扱う事で 今の日本をどう見ていくかを 考えさせられる内容になりつつありますね。   http://see...

失われた何か | 2011/10/01 07:30