少女不十分/西尾維新 - こう観やがってます
09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

最近の記事

少女不十分/西尾維新 

「少女」と「僕」の
不十分な無関係。


 ラスト2ページで感動しました。


以下「少女不十分/西尾維新」の感想


少女不十分 (講談社ノベルス)少女不十分 (講談社ノベルス)
(2011/09/07)
西尾 維新

商品詳細を見る


 いやー序盤があまりにゆっくりで思わずこの本って何ページだっけ? と確認してしまいました(苦笑
 この本でいうところの「僕」に関して私は昔から知っていたかのようで、だからかな長く感じましたね。いや実際相当なページを使っていましたが。


「僕」がリアリティのあるのキャラクターで、まるで西尾維新本人のような描き方でした。「僕」の語る物語は戯言シリーズ、世界シリーズ、人間シリーズのようでしたね。「僕」のリアルさと過去の話、語り部として機能させているところが多重人格探偵サイコを彷彿とさせました。


 少女が序盤は異常に見えて、ほどなくして年相応か、それ以上に普通に見えました。読み返すとその理由がはっきりします。
 で、ラスト2ページ。これは人によるんでしょうね。冷める人もいるかもしれません。けど私はここで感動しました。西尾維新の作品は感動のベクトルが面白さや謎であることが多いのですが、ここでの感動はただの感動でした。



ライトノベル一覧




ランキング参加中
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ

ライトなノベルを望んでいた人にはちょっと読みづらかったかもしれませんね。



Category: ライトノベル

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/2411-ba202bd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)