めだかボックス 第112箱「特別な存在だなんて」 感想 - こう観やがってます
10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

ブログは引っ越したかもしれないよ


引っ越し先はこちら

最近の記事

めだかボックス 第112箱「特別な存在だなんて」 感想 

『まぁどうしても優勝したいって人がいるなら僕は譲るよ』
『みんなの助けがなかったら』
『僕なんてとっくの昔に脱落してたんだから』

 マジかっけー!
 超かっけーよ、裸エプロン先輩


以下めだかボックス 第112箱「特別な存在だなんて」の感想

めだかボックス 11 (ジャンプコミックス)めだかボックス 11 (ジャンプコミックス)
(2011/08/04)
暁月 あきら

商品詳細を見る


 今週はもうツッコミどころ満載でしたね。
 とりあえずジロちゃんからツッコもうか。


 管理人も微妙に勘違いしてました。設定を自由自在に操れるのが小林さん――もとい魔女だけだと思ってたんですね。こんなのよくよく考えてみたら戯言でちょちょいのちょいじゃないですか。魔女を倒せば魔獣が消えるって断言しちゃったらいいんですから。もし相手が否定したらそれを否定すればいい。その押し付けこそが今回の突破口だったんですね。と勝手に思い込んでいる管理人です。
 とはいえですね。怖かったですよこのくだりは。ワンダーツギハの思い込む力とその方向性。今回は関門だからよかったけど。これが友人関係とかにおよんだらどうなるんだろう。あるいは恋人とか。「あなたは私と付き合う運命」とか言われたらその時点でジ・エンドじゃなイカ?
 ところで冒頭のやりとりですが語るに落ちてるよね、ワンダーツギハさん。友人達は「与次郎」とは言ったものの「与次郎次葉」とは言ってないし、


 で、今週はですね。次のページをめくる前とめくった後がすごくよかったですね。ドキドキ仕様というか。前フリと回収がいい感じでした。見開きでかっけー球磨川先輩、焦る高貴ちゃん、球磨川先輩のダウンという流れはかなり好き。
「めだ関門!」
 これは酷い。
 ボーナスって、得しているのめだかちゃんだけだからね。楽しむ気まんまんだろこいつ。つーかそもそもこれトップで上がったら損じゃないか。めだかちゃんに勝ったら勝者? めだかちゃんが勝って勝者になりそうな気がするんだが。阿久根くんには期待したいけど。
 競技はサッカー? でもサッカーで1分でダウンなんてありえなさすぎるし(目を離したのが1分ということはやられたのは数十秒ということになるが


 次週はセンターカラー&人気投票だそうです。球磨川先輩は上位だろうなぁ。候補生は財部ちゃんと希望ヶ丘が人気な気がする。



ライトノベル一覧
その他、西尾維新の感想はこちら




にほんブログ村 漫画ブログへ

廻栖野さんはわりと普通の容姿でしたね。これなら図書委員長の方がよっぽど魔女っぽい。



Category: めだかボックス

tb 0 : cm 2   

コメント

考えるんじゃない。感じるんだ

考えてる時点で廻栖野さんの負けなのかもしれませんね
与次郎ちゃんは感じたままを素直に本気で言ってますからね
どこぞのコリン星から来た(設定の)お姫様(タレント)とは格が違います(笑)

とはいえ
やった実際に事といえば 瓦礫で殴っただけ ですから
球磨川さんの剣のほうがよっぽど魔法っぽいですね

私は特別なジャック・オ・ランタン……… に対して
 ジロちゃん「あなたねえ!妄想もいい加減にしなさいよ!」←お前が言うなっ!by私
召喚者であるあなたをやっつければ……… に対して
 廻栖野さん「ちょ… そんな都合のいい展開…」←お前が言うなっ!by私(笑)

アクアマリンって宝石は知ってるけどペリドットは知らないなぁ
……って思ってたら 小林さん て(大笑)
与次郎ちゃんの頭の中は想像の外にありますね

スタイリイイッ----シュ!に裏切る裸エプロン先輩
うん
どんな場面でも 卑怯と言われようと『勝ち』に行こうとする球磨川さん好きです
そして、やっぱり『勝てなかった』球磨川さんが好きです(笑)

 「5つ以上の関門を突破した者だけが挑めるボーナスステージ めだ関門!」
これはもう関門スルーで『時計塔の外壁を駆け上がって来た』善吉が(めだ関門なしで)優勝・・・っていうオチがありそうな予感
そして
阿久根さん的には、優勝せずに『副賞』めだかへの挑戦権 を得た って事になるんですかね

黒神海豚 #mQop/nM. | URL | 2011/09/06 01:06 [edit]

与次郎ちゃんのはもはや妄想ではない気がする

 コリン星って確か存在したはずですよ。港区じゃないかな、確か。
 瓦礫――もとい賢者の石の使い方は酷かったですよね。ファンタジーの枠ではない。


 廻栖野さんの「都合のいい」は確かにお前が言うなっ、て感じなんですが、与次郎ちゃんの場合度が過ぎているからか私は確かにって思いました。「特別」という言葉の価値が違うんですよね。廻栖野さんのは逃げ口上だけど、与次郎ちゃんのは現実ですから。


「小林さん」はちょっと酷いなぁ。阿久根くんが紹介するときちゃんと「廻栖野」と言ったのに。


 球磨川さんは、肝心なところでいつかは勝って欲しいものです。仲間を守るときとか。善吉は存在忘れてました。案外いなくても物語って進行しちゃうもんですね。

ルイ #s1dY2hvk | URL | 2011/09/06 09:45 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/2404-1d8f31f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)