零崎人識の人間関係 匂宮出夢との関係/西尾維新 - こう観やがってます
03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

最近の記事

零崎人識の人間関係 匂宮出夢との関係/西尾維新 

「無関係でも関係なく
 無抵抗でも抵抗なく
 没交渉でも交渉なく
 貪るように
 喰らい尽くす
『人喰い』の出夢だ」

 人間シリーズ完結編。
 関係四部作。
 人間関係の中では最初に読むのがベストかなーと管理人は思います。


以下「零崎人識の人間関係 匂宮出夢との関係/西尾維新」の感想

 いろんな意味で最初に読んで欲しいと思います。


 人識と出夢の仲がどうなるのかは今までの作品を読んでいたらわかる事ですが、今作ではその過程が描かれています。おのれ狐さん――と思いたくなるが、狐さん風に言うなら狐さんがいてもいなくても仲違いはしていたのでしょう。じゃないと物語が進展しない。
 とはいえ戯言シリーズからもわかるように互いに互いの事を想ってはいたようです。じゃなかったら出夢は人識をかばったりはしないだろうしね。人識に関しては言わずもがな。
 出夢くん必殺の『一喰い』が生まれたのもこの時。ううむ、どっちかというと出夢の方が主人公っぽいな。


 玉藻の出番も多かったですね。人識に懐いている彼女は可愛いです。懐いているようには人識や出夢には見えないんだろうけど。あと出夢が玉藻をおんぶしている人識を見て嫉妬してるんですよね。そこもまた良し。
 コミカルなシーンでは人識と子荻の電話のやりとりよかったですね。気のせいかな、西尾維新の小説に出て来る女子中学生はエッチというお言葉よく遣っている気がする。あと女子中学生か、と人識がツッコんでましたね。正解です。


零崎人識の人間関係 匂宮出夢との関係 (講談社ノベルス)零崎人識の人間関係 匂宮出夢との関係 (講談社ノベルス)
(2010/03/25)
西尾 維新

商品詳細を見る


ランキング参加中
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ

その他ライトノベルの感想はこちら

遊馬強いですね。しかも万能。かっこいいー。でもなぜか幸が薄そうに見える。



Category: ライトノベル

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/2330-48eac440
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)