花物語/西尾維新 - こう観やがってます
02 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 03

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

最近の記事

花物語/西尾維新 

 君を知り、解きはなつための物語。


以下「花物語 するがデビル/西尾維新」の感想

花物語 (講談社BOX)花物語 (講談社BOX)
(2011/03/30)
西尾 維新

商品詳細を見る


<あらすじ>
 高校3年の新学期、神原駿河はひとり、寂しさを噛みしめていた。
 いまだ悪魔の手ををその身に宿す彼女が知った、新たな怪異の噂とは……?


<感想>
 阿良々木さんが(無事に)卒業後の話ですね。
 物語シリーズ初の神原視点で、結構シリアスでした。少なくとも本筋は。
 猫物語ほどではないけどお笑い的な意味での掛け合いは少なめ。阿良々木さんの出番があんまりないですしね。とはいえだからこそのおもしろパートもありました。阿良々木が周囲から――この場合神原や神原の周りの人間からどう思われているのか、ですね。後輩から伝説的存在になっていることを、彼は知らないんだろうなぁ。阿良々木は阿良々木で神原のことを「自分と違い有名人」と思っているのだから面白い。西尾維新作品は視点が変わるとこういう事が多いですね。猫物語でもそうでしたし。

 一番笑ったのは貝木とのパート。肉、肉、肉。どんだけ肉進めんだよw
 彼は今回に限っていえばなかなかいい奴でしたね。何気に足速いし。神原のアイデンティティが。


 話の本筋の方はラノベを逸脱していたかな。掛け合いがなかったらラノベじゃない感じ。沼地はちょっと切なかった。


ランキング参加中
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
 



Category: ライトノベル

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/2219-9e0566bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)