バクマン。 第2話「馬鹿と利口」 感想 - こう観やがってます
02 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

ブログは引っ越したかもしれないよ


引っ越し先はこちら

最近の記事

バクマン。 第2話「馬鹿と利口」 感想 

 川口たろうの絵は大場つぐみさんが書いてたんですね。
 ……なんだかラッキーマンが読みたくなってきたな。キャベツチカカツカム!


以下バクマン。 第2話「馬鹿と利口」の感想


 おじいちゃんかっけー!
 いや渋いですね。サイコーのことをちゃんと見ていてその上で「行け」と言うあたり。確かにダメになりかけていたと思います。初回冒頭のモノローグではすでに終わってる感が漂っていて、おじいちゃんはそれを見抜いていたのでしょう。もしかしたらサイコーが話があると言った時点で何かを感じてたのかも……とか考えすぎかな。


 シュージンがサイコーを選んだ理由が絵の才能だけではないというところが気に入りました。勉強ができる=頭がいいではないことを優秀な彼が言っているのがいいですね。その前に岩瀬との掛け合いがあったのが上手い展開ですね。彼女は勉強ができる=優秀だと思っているので。本気でシュージンをライバル視しているところがちょっとむなしいですね。その土俵にシュージンはいないから。


 亜豆は翌日も普通でした。ただ視界に入っているサイコーをスルーするあたり意識している証拠ですね。喋らないを本気で実行するわけだ。


クイック・ジャパン92クイック・ジャパン92
(2010/10/09)
大場つぐみ小畑 健

商品詳細を見る
バクマン。 10 (ジャンプコミックス)バクマン。 10 (ジャンプコミックス)
(2010/10/04)
小畑 健

商品詳細を見る

matsurika_convert_20090729234404.jpg
 アニメランキング参加中。クリックに感謝。





Category: .アニメ【終】 バクマン。(アニメ)

tb 6 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/1675-8d4bb6ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バクマン。 第2話「馬鹿と利口」

真城を漫画の作画にしたい秋人は必死すぎですね(^^; それだけ真城の才能を買ってるんですが。 原作を目指すと決めてるけど、なれなかっ...

SERA@らくblog | 2010/10/09 20:38

バクマン。 #2

秋人にのせられて、亜豆の前でマンガ家になると宣言してしまった最高。でも、今のところまだ秋人とコンビを組む気はないみたいです。そんな最高に、朝から秋人がプッシュ。

日々の記録 | 2010/10/09 20:52

バクマン。 第2話  「馬鹿と利口」

 最高が秋人を認めるところが良かったです。あとじいちゃんが格好良かったです。

つれづれ | 2010/10/09 20:53

バクマン 2話「馬鹿と利口」感想(カサヰケンイチ)

マンガ家になる熱い想いを、祖父にぶつけ承認を得た真城。 職業選択、進路相談、親との対立。 思春期の問題を真正面から取り扱った2話でした...

失われた何か | 2010/10/09 21:23

バクマン。 第2話「馬鹿と利口」

バクマン。の第2話を見ました。第2話 馬鹿と利口――…夢が叶ったら結婚、あいつに乗せられて勢いで漫画家になるっていったけどホントは…亜豆と約束した夢を叶えるべく、マンガ家...

MAGI☆の日記 | 2010/10/09 23:07

(アニメ感想) バクマン。 第2話 「馬鹿と利口」

バクマン。 1 (1) (ジャンプコミックス)クチコミを見る 亜豆と約束した夢を叶えるべく、マンガ家になることを決意した最高。しかし、プロのマンガ家だった叔父・信弘(川口たろう)を3年前に過労で亡くした家族を説得しなければならなかった。 予想通り、母親からは猛反

ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 | 2010/10/11 00:02