週刊少年ジャンプ30号 感想(2010.6.28) - こう観やがってます
08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

ブログは引っ越したかもしれないよ


引っ越し先はこちら

最近の記事

週刊少年ジャンプ30号 感想(2010.6.28) 

 今週のジャンプはちょっと読み応えがなかったですね。物語の起承転結の「起」「承」がほとんどだった気がします。


以下週刊少年ジャンプ30号の感想


・四ッ谷先輩の怪談。
 そんな中いい「結」を用意してくれていたのがこの漫画。シリアスに笑いを入れてきましたねぇ。そして最後はガチシリアスと。非常にいい流れだったんじゃないでしょうか。ただスパートかけるの遅すぎるよ。単行本では面白いんだろうけど週刊連載としては不利な描き方です。ロックオン終わっちゃったし。結構ピンチかもしれない。

「わたしはこれから殺されるみたい」
 死者の手紙はちょっとずるい気がしますが。覚悟が決まってる感がある文章が秀逸でした。


・スケット・ダンス
 まさしく何だこの競技って感じなんですが、実は似たような特番が以前深夜にありました。
 で、これ漫画なんだけど映像のように描かれてると思うんですよね。キャラが動いている絵が想像できます。
 そしてスイッチの分析能力が何気に半端なかったです。笑いについて詳しすぎるでしょ。確かに違和感を拾っていくタイプですよ。でもそれを具体的な言葉で表現できるのが半端ない。漫才ってボケスタートなのに、そのボケを生んでるのが今回の場合はツッコミでしたね。しかしボッスンの天然はおいしいね。パニックになればなるほど面白い。芸風としてはキャイーンに近かったと思う。


・べるぜバブ
 誤解をどのタイミングで解くのかが気になるところ。まあ戦ってからでいいと思いますけどね。そして男鹿はその時のことどこまで覚えているのか。うーん、過去では三木のことを気にかけていたと思うんですが、今ではすべてを忘れている可能性大だw


・トリコ
 ボスはやっぱ笑わないのねw しかしこれって何気に目安いになりますね。センチュリースープでなかなかの味とか、今までにいい物食べ過ぎでしょ。普段何を食べているのか逆に気になるところです。
 一龍は相当に強いのでしょうけど、もしかしたら最強なのかもしれませんが――しかし年齢が気になりますね。一番老いてそうというか。こういうキャラは肝心なところで寿命がきそう。
 トリコvs一龍が楽しみですね。ですが次週はお休みという罠。


・保健室の死神
 才能を与えるとか体にすっごい悪そうじゃないですか? 負担で自滅とかはないんだろうか。
 それにしてもお父さんは何故顔を隠してるんだろう。顔を見られることを嫌っているような描写があるにいはありましたが。


・ロックオン!(最終話)
 早い。好きな作品というわけではありませんでしたが、もうちょっと連載してても良かった気がします。
 ヒロインのドキドキタイムが始まってからが本番じゃなかったのかなぁ?


shiori_convert_20090729234610.png
 漫画ランキング参加中。クリックに感謝。
 今週のジャンプ感想書きにくー。





Category: 週刊少年ジャンプ

Thread: 週刊少年ジャンプ全般

Janre: アニメ・コミック

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/1492-d323978a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)