刀語 第6話「双刀・鎚」 - こう観やがってます
10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

ブログは引っ越したかもしれないよ


引っ越し先はこちら

最近の記事

刀語 第6話「双刀・鎚」 

「久々にこの髪、巻いてみない?」
 巻いてみない? って……現代っ子か!

刀語 第六話 双刀・鎚(ソウトウ・カナヅチ) (講談社BOX)刀語 第六話 双刀・鎚(ソウトウ・カナヅチ) (講談社BOX)
(2007/06/05)
西尾 維新

商品詳細を見る

 以下刀語 第6話「双刀・鎚」の感想。


 こなゆき強っ! いや実に西尾維新らしいなと思いました。世にすでにある技術を体得している人間の方が弱いっていう感じのところが特に。そういう意味で狂犬は可哀想だったなと思います。こなゆきだけの記憶で戦っていれば同じ結果にはならなかったかも。ところで七花の骨折はどうなったんでしょうね。狂犬に使った技で洒落にならないぐらいの損傷になったはずなのですが。あまりその辺りの描写がなかったですね。


 今回地味ぃによかったのがまにわにの鳳凰と川獺。川獺はもう死を覚悟してたんですよね。さらにいうなら鳳凰はそれを指示していた。まにわにというのはまにわにを優先する忍だと思います。彼らの行動は実にシンプルでいて効率的。だから鳳凰と川獺の能力が逆だったら死んでいたのは鳳凰なんでしょうね。意思の疎通は半端ないですね。となると最後に残ったのが一番やっかいであるのは間違いない。


 そしてナレーションですが、最後の方凄いこと言っちゃってましたね。あの予告もどうなのよw
 こなゆきは一族の中で一番非力ということですが、これが一族の凄さを物語っており、となるとそれを滅ぼしたのは人外に近い猛者、ということに繋がっているんじゃないかと思います。要は布石ですね。



 余談ですがこなゆきの声優さんって確か今年か去年に中学を卒業されたような。半端ない才能ですね。狂犬が乗り移ったところとか半端なかった。


matsurika_convert_20090729234404.jpg
 アニメランキング参加中。クリックに感謝。





Category: .アニメ【終】 刀語【終】

Thread: アニメ

Janre: アニメ・コミック

tb 4 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/1449-082a9c93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

刀語 第06話 「双刀・鎚」

吹雪に光る心の結晶

物理的領域の因果的閉包性 | 2010/06/06 02:28

刀語 第6話 「双刀・鎚(ソウトウ・カナヅチ) 」 感想

怪力 VS 無刀 双刀・鎚があるという、蝦夷の壱級災害指定地域である踊山を登る二人。 だが、その危険度を軽視していた二人は、登頂の途中...

ひえんきゃく | 2010/06/06 07:36

刀語 第6話「双刀・鎚」

想定外で蝦夷の踊山に来ることになった七花たち。 いくらアニメだからって、いつもの服で雪山に登るなんてありえない(笑) 幕府に壱級災...

SERA@らくblog | 2010/06/06 08:33

刀語 第6話「双刀・鎚」

幼女かわいい~(≧▽≦) 蝦夷にやって来たとがめと七花! とがめ、髪がすごいw 寒さでちぇりおも巻き舌w 蝦夷では火山が噴火して、シロ...

空色きゃんでぃ | 2010/06/06 17:13